スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とうとう、ポチってしまった......、EP-5。

 買ってしまいました、EP-5を。

 5D2でさえ使う時間がなかなかとれないでいるのに、ボディを増やしても......という思いがずっとあったのですが、E-M1とEP-5の登場で、自制心はほぼ崩れました。

 このカメラに明るい単焦点のレンズをつけて撮影することを楽しみたかったのです。


 私が望む仕様、といっても明確な基準があるわけではないのですが、その観点からすると、この2つの機種は、オリンパスのマイクロフォーサーズとして、かなり充実した性能になったと感じています。

 5軸手振れ補正に1/8000秒のシャッター速度。
 さらにアートフィルター。

 ......、でも、カタログをよく読まないで買ったのは、珍しいかも。


 実は、E-M1とEP-5とどちらにしようか、ちょっと迷ってしまいましたが、やはりEP-5を選びました。
 そもそも、EPシリーズがきっかけで、オリンパスのカメラに興味を持ち、イメージを膨らませてきたからです。


 ところで、ファインダーをつけて撮影していますが、これ、目に押しつけて使っていると動きますね。
 使い慣れれば、動かないように覗けるようになるかな。
 眼鏡をかけていることも影響しているかも。

 フォーカスポイントは、最小でもわりと大きめ。
 操作体系は、やはりメーカーが異なるので戸惑っています。
 設定も、聞いたことのない用語が出てくるので、取説が欠かせません。

 普通に使えるようになるには、もう少し時間がかかりそうです。

 EP-5。
 もともと、ドラマチック・トーンっぽい。
運動場

2014/01/11(土) | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0)

庭づくり

 すっかりご無沙汰の更新。
 3ヶ月も空けてしまいました。


 訳あって、一昨年の年末以来、庭の手入れをしています。
 1年の大半は週末もろくに休めないので、遅々として進みませんが、ようやく昨年末に第一段階をほぼ終えるところまできました。

 とはいえ、不用品回収業者に見積もりを依頼しているところなので、とても写真でお目にかけるような状況ではありません。
 巨大な石や石板、木材などがゴロゴロとしています。
 しかし、それまでにもどれだけゴミを排出したことか......。

 これら不要品がはけたら、4月から第二段階に入ります。
 まずは芝生を植える予定。
 そして日当たり良好の場所では、ささやかながら、家庭菜園を設けるつもりです。
 ただ、世話する時間があまりありませんので、できるだけ手間のかからないもの限定ですが。

 完全に季節外れですが、昨年収穫した柿。
 これが渋いんですわ。
 したがって、干し柿専用。
kaki.jpg

2014/01/03(金) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

手帳選び

 手帳は、会社が支給してくれるものを使っています。
 A6サイズの小さなもの。

 通勤鞄のポケットにちょうど入るし、見開きの月間スケジュール表だし。
 システム手帳ではないので、12月になると、その年の手帳から必要な参考資料をはがして、1年分の月間予定表のページも切り取って、新しい手帳のメモページに張り替えたり、自作のポケットに入れたりしています。

 しかし、今年は、違うタイプの手帳を本気で探すことにしました。
 試しに、縦型の週間予定表を使ってみたいと考えています。

 見開きの月間予定表は、大学生の頃から使い慣れていますし、1ヶ月の予定が俯瞰できるので、これからも活用したいのですが、一日の予定をもう少し厳密に管理する必要性を感じ始めました。
 そのためには、縦型の週間予定表が適しているだろうと推測しているのです。

 ところが、いざ探し始めてみると、ちょうどいいものがありません。

 理想を言えば、

 日曜始まりの週間バーティカルで土日が1列にまとまっていないもの
 24時間表記
 日曜始まりの月間予定表つき
 日本の暦に合わせ、日曜・祝日は赤字
 メモのページも付属
 年間カレンダー2年分(今年と来年)
 リフィル形式

 といったところですが、すべてを満たす手帳はないだろうと、既にあきらめています。

 以下、私がざっと調べた範囲での状況です。(もしかしたら店頭になかっただけとか、Webサイトで見つけられなかっただけかもしれません。)

 リヒトラブのコロモガエ・ダイアリー2014には、最も期待していたのですが、リフィルの種類を増やすどころか、リフィル自体を出す考えがない模様。
 せっかくツイストリングなのに、予定表部分だけを入れ替えることができません。
 しかも、よく見たら、月間予定表も月曜始まり。
 ツイストリングでいろいろリフィルを出してくれたら、最強なんだけどなあ。

 アクション・プランナーは、リフィル形式ではないうえに、月曜始まり。
 なにか考えがあってのことなのでしょうが、月間も週間も、なぜか日曜・祝日に色がついていないので、視認性に難あり。
 月間カレンダー2ヶ月分が週間予定表の各ページに印刷されていて、気が利いています。

 その他、コクヨ、ノフェス、ランテックの週間バーディカルは、すべて月曜始まり。(日曜始まりを見かけた気もするのですが、見間違いだったか。)
 「手帳は高橋」も、そのコピーのわりには、バリエーションがありませんね。


 いまのところ、少なくとも、日曜始まりの週間バーティカルで土日が1列にまとまっていないという条件を満たしているのは1種類だけで、それは、なんと伊東屋のオリジナル。

オリジナル24時間手帳 | 伊東屋オンラインストア

 細かいことですが、このWebページでは、紙面の拡大イメージがわかりやすくて、好感が持てます。(他社のページは、拡大できるものの、紙面の細かいところがわかりにくく、拡大の意味がないところが多かった。)

 できれば、月間カレンダーが隅に小さく印刷されているとよかったのですが、他になければ、これは譲れるかな。
 あとは、今後も継続して販売してくれるかどうかです。

※ 2014年1月3日追記
 店頭で手に取ってみたら、小さいことが判明。
 週間バーティカルを選ぶ場合には、いまのものよりやや大きめのものを考えているので、残念ながら、選択肢からは外れました。



 最後に、一つの選択肢として、ツイストリングノートのリフィルに、自作の予定表を印刷するという手段も考えてはいるのですが、現実的かな?
 Excelで日にちと曜日の一覧を作成して、Wordに差し込みするとか?
 あるいは、Excelだけで様式まで作り込めるかどうか。
 自宅のプリンタで、紙詰まりせずに印刷できるかどうか。

 そうそう、アナログの弱点として、週間予定表に書き込んだ予定が月間予定表に自動的には反映されないという難点がありますが、これは、Outlookの月間予定表を印刷して挟み込んで対応しようかと考えています。
 どの手帳を選ぼうと、デジタルとアナログの二刀流になるのは避けられないので。


 いまはまだ手帳選びに時間をかけられませんが、しばらくしたら、本格的にお店をまわろうと思っています。

 CX6にて。
花112


※ 2014年1月3日追記
 あれから、雑誌の特集を読んだり、店頭で見たりしたのですが、希望の仕様を満たす手帳は見つかりませんでした。
 週間バーティカルの場合、月曜始まりが常識という感じですね。
 この点については工夫の余地がないので、もうあきらめました。

 日曜始まりの週間バーティカルがないという条件で考え直してみて、自分には、やはり月間の予定が一覧できることがより大切だと感じているため、手帳では見開きの月間スケジュールを基本にしつつ、Outlookの週間バーティカルを印刷して、細かい時間の管理を補助する方向で、考えは固まりつつあります。
 印刷は、会社のシステム環境を考慮するとスマートな方法は採れず、縮小印刷で対応といったところ。

2013/10/10(木) | 文房具 | トラックバック(0) | コメント(0)

OM-D E-M1も発表されましたね。

 E-P5が発売になって、E-M5の後継機がどのような仕様で出てくるのか、興味津々でした。
 しかし、こんなに早く発表になるとは!

 そんなに細かく確認したわけではありませんが、期待に応えたいいカメラという印象です。
 なにより、惜しみなく機能を載せて、性能を高めている点に、非常に好感を持てます。
 アートフィルターもしっかり搭載していて、フラッグシップだからといった気取りも感じられません。

 ニコンはよく知りませんが、キヤノンにはありませんね、こういうのは。

 大きさの点でも、EOS KISSに着目しないのは、それが理由。
 どうせダブルマウント体制になってしまうのなら、面白いほうがいい。
 フラッシュなどが流用できないとしても。

 強いて難を挙げるとすれば、デザインかな。(^^;
 グリップとトサカ。
 実物を見たときに、どう感じるかな。


 正直なところ、E-P5も E-M1も、両方欲しくなってしまいましたが、ちょと待て!
 なぜ、この機種に興味を持ち始めたのか、それを忘れてはいかん。

 あれもこれも撮ろうとせず、単焦点レンズをつけて、持ち歩く。
 そして、アートフィルターも楽しむ。
 ......というのが動機だったはず。

 だとしたら、機能・性能ともに充実したE-P5かな、やはり。

 ボディは、シルバーって決めてます。
 レンズが黒でもシルバーでも無難に合うのは、シルバーだから。
 黒よりもレトロ感があるように思えますし。

 消費税率が上がる前だな。

 CX6にて。
花100

2013/09/15(日) | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0)

五稜郭の桜

 いつもは秋から初冬の頃に、函館に行くのですが、今年は、珍しく6月に行ってきました。

 初日に行った五稜郭公園で、ベンチで休んでいると、足下に広がるクローバーに目が行きました。
 さほど背が高くなく、しかも丈夫に育っているのを見て、自宅の庭の一部に、芝生の代わりにクローバーを敷き詰めてもいいかなと思いました。(一部って、そんなに広いわけじゃないんですけどね。
goryokaku.jpg

 そして、クローバーの絨毯を見ながらぶらぶらしていると、桜の枝が落ちているのを見つけたのです。

 6月頃は仕事も忙しくなかったので、週末は、庭づくりに励んでおりました。(あまりに大がかりな作業になったため、まだ半分も終わっていないのですが。)
 自ずと、草木に関心が向いていましたので、この桜を挿し木にして育てれば、毎年、梅と桜の両方が楽しめるようになるなと考えました。

 念のために断っておきますと、枝が落ちていたので、それを拾ったのです。
 枝を折ったわけではありませんよ!
 強風のせいなのか、誰かが枝を揺らすかなにかしたからなのか、なにしろ、枝の先の先っちょが落ちていたわけです。
 たくましい根元の周辺からも、若い枝が伸びてきていましたので、子どもが駆け回っているうちに、そのような枝が折れてしまったのかもしれません。


 結局、いま、拾った3本のうち1本がしっかりと育ち始めました。
sakura_goryokaku.jpg
 さらに育ったら、大きい鉢に植え替え、最終的には庭に直に植えるつもりです。
 函館に比べて、この暑さに戸惑っているかもしれませんが、元気に成長するよう、大事に育てていきたいと思います。

2013/08/20(火) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

prev «  |  HOME  |  next »
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。