スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

剪定

 我が家の庭には、高くなりすぎた木や、枝が伸び放題の木が何本かありました。
 時間をかけて少しずつ取りかかれば、自分で剪定できなくもないのですが、下手に枯らしてしまってもいけません。
 いっそプロにお任せしようということで、とあるところに依頼しました。

 本当は、在宅時にきてもらいたかったのですが、どうしても日程が合わず、下見の際に指示をして、あとはお任せとなりました。

 仕事を終えて、帰ってきてびっくり。
 頼んでいないことまでやっており、まるで引っ越してきたばかりの庭に近い状態でした。
gdn01.jpg

 やはり、こういうことは自分が経過を確認できるときにやってもらわないといけないのですね。
 それにしてもやり過ぎ。
 頼まれていないことをして、あとから苦情が出るかもしれないとは考えなかったのでしょうか。(苦情は言ってませんけどね。

 植え替えなんて頼んでいないのに、勝手に位置を移動させ、下草はごっそりと抜いてしまったため、地面が露出したばかりか、せっかく育てた草花まで、すべて引っこ抜かれてしまいました。
gdn02.jpg

 まあ、こちらが本当にお願いしたことはやってもらえたので、そこは助かっているのですが。
 それと、桜はまだ小さく、万が一のことを考え、まだ直植えしていなかったので助かりました。

 これは見ていないので決めつけるわけにはいかないのですが、裏庭の水桶の中で飼っていた(?)カエルが、池に移動していました。
 いままで、雨が降ってもなにが起きても、水桶からは移動しなかったのに、なぜ?

 水桶の周りが片付いていたので、少なくとも触ったことは確実なのです。

 こんな余計なことを、と決めつけつつ池をのぞいてみると、メダカが一匹もいません。
 全部が揃って死んでしまうわけもなく、カエルに食べられてしまったとしか考えられません。

 カエルを責めてもしかたがありませんが、とりあえず池から追い出し、網をかぶせることにしました。
 実は、近々、新しいメダカを池に放すことが決まっていたからです。

 池には、メダカの子どもがいました。
 食べられてしまったメダカは戻りませんが、せめて、子どもたちが育ってくれればと思います。
medaka.jpg
 撮るのが難しく、真ん中のゴミみたいな白い影がメダカです。


 カエルを水桶に戻そうとしたのですが、意外に素早く飛び跳ねていってしまい、草むらにもぐってしまったため、そのままになっています。
 いま、どこにいるのやら。
 生きててくれればいいのですが。


 いろいろとショックが大きすぎて、庭づくりは、しばらくお休みです。

(追記)
 その後、桜は直植えにしました。

 前回の記事の写真から枝は伸びていません。
 どうやら、見た目は3月から5月にかけて一気に成長するようですね。

 鉢から取り出したときも、意外に根は張っていませんでした。
 また冬を越したら、来年伸びてくれるでしょう。

2014/07/21(月) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  nnnext »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://midasf.blog60.fc2.com/tb.php/362-0640ed96
 |  HOME  | 
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。