スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手帳選び

 手帳は、会社が支給してくれるものを使っています。
 A6サイズの小さなもの。

 通勤鞄のポケットにちょうど入るし、見開きの月間スケジュール表だし。
 システム手帳ではないので、12月になると、その年の手帳から必要な参考資料をはがして、1年分の月間予定表のページも切り取って、新しい手帳のメモページに張り替えたり、自作のポケットに入れたりしています。

 しかし、今年は、違うタイプの手帳を本気で探すことにしました。
 試しに、縦型の週間予定表を使ってみたいと考えています。

 見開きの月間予定表は、大学生の頃から使い慣れていますし、1ヶ月の予定が俯瞰できるので、これからも活用したいのですが、一日の予定をもう少し厳密に管理する必要性を感じ始めました。
 そのためには、縦型の週間予定表が適しているだろうと推測しているのです。

 ところが、いざ探し始めてみると、ちょうどいいものがありません。

 理想を言えば、

 日曜始まりの週間バーティカルで土日が1列にまとまっていないもの
 24時間表記
 日曜始まりの月間予定表つき
 日本の暦に合わせ、日曜・祝日は赤字
 メモのページも付属
 年間カレンダー2年分(今年と来年)
 リフィル形式

 といったところですが、すべてを満たす手帳はないだろうと、既にあきらめています。

 以下、私がざっと調べた範囲での状況です。(もしかしたら店頭になかっただけとか、Webサイトで見つけられなかっただけかもしれません。)

 リヒトラブのコロモガエ・ダイアリー2014には、最も期待していたのですが、リフィルの種類を増やすどころか、リフィル自体を出す考えがない模様。
 せっかくツイストリングなのに、予定表部分だけを入れ替えることができません。
 しかも、よく見たら、月間予定表も月曜始まり。
 ツイストリングでいろいろリフィルを出してくれたら、最強なんだけどなあ。

 アクション・プランナーは、リフィル形式ではないうえに、月曜始まり。
 なにか考えがあってのことなのでしょうが、月間も週間も、なぜか日曜・祝日に色がついていないので、視認性に難あり。
 月間カレンダー2ヶ月分が週間予定表の各ページに印刷されていて、気が利いています。

 その他、コクヨ、ノフェス、ランテックの週間バーディカルは、すべて月曜始まり。(日曜始まりを見かけた気もするのですが、見間違いだったか。)
 「手帳は高橋」も、そのコピーのわりには、バリエーションがありませんね。


 いまのところ、少なくとも、日曜始まりの週間バーティカルで土日が1列にまとまっていないという条件を満たしているのは1種類だけで、それは、なんと伊東屋のオリジナル。

オリジナル24時間手帳 | 伊東屋オンラインストア

 細かいことですが、このWebページでは、紙面の拡大イメージがわかりやすくて、好感が持てます。(他社のページは、拡大できるものの、紙面の細かいところがわかりにくく、拡大の意味がないところが多かった。)

 できれば、月間カレンダーが隅に小さく印刷されているとよかったのですが、他になければ、これは譲れるかな。
 あとは、今後も継続して販売してくれるかどうかです。

※ 2014年1月3日追記
 店頭で手に取ってみたら、小さいことが判明。
 週間バーティカルを選ぶ場合には、いまのものよりやや大きめのものを考えているので、残念ながら、選択肢からは外れました。



 最後に、一つの選択肢として、ツイストリングノートのリフィルに、自作の予定表を印刷するという手段も考えてはいるのですが、現実的かな?
 Excelで日にちと曜日の一覧を作成して、Wordに差し込みするとか?
 あるいは、Excelだけで様式まで作り込めるかどうか。
 自宅のプリンタで、紙詰まりせずに印刷できるかどうか。

 そうそう、アナログの弱点として、週間予定表に書き込んだ予定が月間予定表に自動的には反映されないという難点がありますが、これは、Outlookの月間予定表を印刷して挟み込んで対応しようかと考えています。
 どの手帳を選ぼうと、デジタルとアナログの二刀流になるのは避けられないので。


 いまはまだ手帳選びに時間をかけられませんが、しばらくしたら、本格的にお店をまわろうと思っています。

 CX6にて。
花112


※ 2014年1月3日追記
 あれから、雑誌の特集を読んだり、店頭で見たりしたのですが、希望の仕様を満たす手帳は見つかりませんでした。
 週間バーティカルの場合、月曜始まりが常識という感じですね。
 この点については工夫の余地がないので、もうあきらめました。

 日曜始まりの週間バーティカルがないという条件で考え直してみて、自分には、やはり月間の予定が一覧できることがより大切だと感じているため、手帳では見開きの月間スケジュールを基本にしつつ、Outlookの週間バーティカルを印刷して、細かい時間の管理を補助する方向で、考えは固まりつつあります。
 印刷は、会社のシステム環境を考慮するとスマートな方法は採れず、縮小印刷で対応といったところ。

2013/10/10(木) | 文房具 | トラックバック(0) | コメント(0)

ppprev «  |  HOME  |  nnnext »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://midasf.blog60.fc2.com/tb.php/355-308fa3a5
 |  HOME  | 
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。