スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

五稜郭の桜

 いつもは秋から初冬の頃に、函館に行くのですが、今年は、珍しく6月に行ってきました。

 初日に行った五稜郭公園で、ベンチで休んでいると、足下に広がるクローバーに目が行きました。
 さほど背が高くなく、しかも丈夫に育っているのを見て、自宅の庭の一部に、芝生の代わりにクローバーを敷き詰めてもいいかなと思いました。(一部って、そんなに広いわけじゃないんですけどね。
goryokaku.jpg

 そして、クローバーの絨毯を見ながらぶらぶらしていると、桜の枝が落ちているのを見つけたのです。

 6月頃は仕事も忙しくなかったので、週末は、庭づくりに励んでおりました。(あまりに大がかりな作業になったため、まだ半分も終わっていないのですが。)
 自ずと、草木に関心が向いていましたので、この桜を挿し木にして育てれば、毎年、梅と桜の両方が楽しめるようになるなと考えました。

 念のために断っておきますと、枝が落ちていたので、それを拾ったのです。
 枝を折ったわけではありませんよ!
 強風のせいなのか、誰かが枝を揺らすかなにかしたからなのか、なにしろ、枝の先の先っちょが落ちていたわけです。
 たくましい根元の周辺からも、若い枝が伸びてきていましたので、子どもが駆け回っているうちに、そのような枝が折れてしまったのかもしれません。


 結局、いま、拾った3本のうち1本がしっかりと育ち始めました。
sakura_goryokaku.jpg
 さらに育ったら、大きい鉢に植え替え、最終的には庭に直に植えるつもりです。
 函館に比べて、この暑さに戸惑っているかもしれませんが、元気に成長するよう、大事に育てていきたいと思います。

2013/08/20(火) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

ppprev «  |  HOME  |  nnnext »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://midasf.blog60.fc2.com/tb.php/353-5f63f35b
 |  HOME  | 
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。