スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

炊飯器の内蔵電池を取り替え

 この半月ほどの間に、立て続けに炊飯器の内蔵電池を交換しました。(念のために断っておくと、内蔵電池の取り替えは、メーカーに連絡することとなっています。)

 2回続いたのなら記事にしようじゃないかと思い、写真を撮りました。(ネタがないもので......。
suihanki_1.jpg
 同じような形をしている炊飯器は、中身も同じような感じなのですね。
 左側(炊飯器の前面側)のクーラーがついているあたりを引き出します。

 1台目のときには多少気を遣いましたが、2台目ともなると、扱いが大胆になります。
 ちなみに、ドライバーとペンチが使えれば、内蔵電池の交換は、1点を除き、まったく困難はありません。

 その1点とは、内蔵のボタン電池が、ハンダ付けではなく、溶接されているため、かなり強引に引きはがさないとならないことです。
 2台ともそうでした。

 電池を入れるソケットがあるわけではなく、プラスとマイナスのそれぞれに平たい端子がついているだけなのです。(宙に浮いている状態。)
suihanki_2.jpg
 取り出した内蔵電池には、黄色い服が着せてあったので、はがして、新しい方に着せ替えました。
 絶縁のためなのかな。

 それにしても、こんなに厚いボタン電池は初めて見ました。
 CR2477でした。
suihanki_3.jpg
 あとは端子をできるだけ平らに戻して、新しい電池を取り付けるだけ。
 本当はハンダ付けしたほうがいいのでしょうが、セロテープで巻き付けて終わり。
 とはいえ、我が家の場合、炊飯器は頻繁に持ち運ぶので、ある程度はしっかり固定します。


 それにしても、設計の都合なのかなんなのか、内蔵電池の取り替えって手間がかかりますよね。

 ボスのエフェクターSE-50の内蔵電池を取り替えたときは、もっともっと大変でした。

 しかし、お金をかければ手間いらずということでもありません。
 メーカーに持ち込んだり、持ち帰ったり、戻ってくるまでに日数がかかったりと、費用対効果を考えてしまいます。


2010年12月22日追記
 電池をセロテープで、しかし、しっかりと留めたことで、現在まで問題は起きていません。


2011年1月1日追記
 参考までに、もう少し具体的にわかるよう、写真を追加しておきます。

 電池が取り付けられている基盤を取り出す際には、両脇にある線をフックから外しておく必要があります。
炊飯器001

 基盤を取り出した状態でも、電池の取り外しや取り付けは不可能ではありませんが、相当につらいので、基盤と枠とを留めているねじを取り外します。
 「はずす」と印をつけてくれているので、2本を外します。
炊飯器002
炊飯器003

 そうすると、基盤とその枠とを分離できるのですが、実際には端子にはめ込んである線を抜かないと、完全には分離できません。
 すぐに抜けるものとそうでないものとがあり、私は、不安だったので、作業にもっとも邪魔になりそうな線だけを抜いておき、他の抜くのが難しい線は残しておきました。

 枠から取り外す際に、ツメを外します。
炊飯器004
 外すときは、手でツメを押して基盤を外すようにします。
 枠に取り付ける際は、丁寧に押して、パチンと鳴るようにしてはめればOKです。


 電池を取り外す際は、プラスとマイナスの方向がどうなっているのかを覚えておきます。

 溶接された電池を取り外すには、かなり力を入れなければなりませんので、けがをしたり、基盤を傷つけたりしないように気をつけてください。

 私は、ペンチで端子を抑えながら、電池と端子のすき間にマイナスのドライバーを差し込み、少しずつはがしていきました。

炊飯器005
 このように、手の平を左右互い違いにして出したようになっています。

 多少なりとも電池との接触がいいように(電池を挟む力が強くなるように)、基盤側(下側)の端子を持ち上げるようにしておき、上側の端子は、基盤側に曲げておきます。
 もっとも、2つの端子はぶつかるので、限度はあります。

 この写真では、既にセロテープを貼って固定しています。
 実は、やや不安定な感じだったので、このあと貼り直しました。

2010/04/28(水) | 食生活 | トラックバック(0) | コメント(4)

ppprev «  |  HOME  |  nnnext »

☆ほし

『CR2477の交換』

CR2477の交換、大変でしたね。端子付きのものは、基板の半田を溶かして端子ごとバッテリを交換するのですが、端子付きのものは手に入りにくいですね。バッテリに直接半田付けをすると劣化が起こり危険です。

2012/08/21(火) 10:20:11 | URL | [ 編集]

midasf

『Re: CR2477の交換』

 コメント、ありがとうございます。
 端子付きのものもあるのですね。初めて知りました。
 半田付けが容易でないことがかえって幸いしました。
 もっとも、不精なので、作業しやすい状態にあったとしても、セロテープでくっつけておしまいだったかもしれませんが。(^^;
 今後、気をつけますね。

2012/08/21(火) 16:39:53 | URL | [ 編集]

☆ほし

『No title』

CR2477の端子付きのものは手に入らないようですが、秋葉原でCR2450の端子付きは売ってます。2477より容量が少し小さいので寿命が短くなると思いますが、使えると思います。もしセロテープでは接触不良を起こすようなら、お試しください。私は電波時計の交換用に使ってますが、問題は起きてません。

2012/08/29(水) 21:40:41 | URL | [ 編集]

midasf

『Re: No title』

 ご親切にありがとう。
 いまのところ、セロテープ固定は大丈夫みたいです。(^^;
 が、いつなんどき取れてしまうかわかりませんので、覚えておきます。(^^)

2012/09/02(日) 21:46:41 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://midasf.blog60.fc2.com/tb.php/202-4866f4db
 |  HOME  | 
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。