スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1158

 少し古い話なのですが......。

 このパズルを最初に見たのは、1月ぐらいだったでしょうか。
 新聞に掲載される書籍の広告の中に見つけました。

 1158という4つの数字を四則演算で10を作るというもの。

 忙しい時期なので、あまり気にしていませんでしたが、2回、3回と広告を見るうちに、少しだけ考えてみました。
 すると、案外難しい......。

 以来、満員電車で本を読めないときなどに、少しずつ考えましたが、わからない。
 まさか、1の5乗+1+8などというオチじゃないだろうな、なんてことさえ考えました。(もちろん、違います。)

 延べにしたら1日ぐらいかもしれませんが、一週間ぐらい考えたでしょうか。
 あるとき、帰りの電車の中で、急にわかりました。
 「わかった」と、思わず声に出してしまいそうでした。
 たしかに、普通に四則演算しか使わずに10にできたのです。

 で、結局、このパズルの本を買ってしまいました。

 1158と同じくらい手応えのある問題を解きたいと思い、最後の問題から逆順で解いています。
 しかし、1158を解いたあとでは、ほとんどの問題は簡単です。
 というのは、1158を解く過程で、答えにたどり着くための考え方をほとんど経験できるからです。
 ただ、それだと面白くないので、わざと限定された考え方で解こうとしています。

 それでも、中には時間のかかる問題もあります。
 また、わからなくて悩んでも、時間をおいて取り組むと、あっさり解けることもあって、面白い。
 試しに、看板に記載されている電話番号などを使って考えると、結構10になるんですね。

 しばらくやみつきになりそうです。

枯葉
スポンサーサイト

2014/03/27(木) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

自転車修理とカスタマイズ

 冬の忙しいさなか、自転車で出かけようとしたら、突如、タイヤがパンクしてしまいました。
 幸い、代わりの自転車があったので用足しはできたのですが、パンクを修理している時間はありません。

 3月も終わりになって、ようやく時間を作ってチューブを調べたら、かなり大きな穴が開いていました。
 これをふさぐ適当なゴムがなかったので、しかたがなく、修理キットを買ってきました。
cycle01.jpg
 しかし、結果として修理は失敗。

 まずは普通に処理しましたが、空気を入れるそばから漏れてしまい、失敗。

 十分に乾かしていなかったせいかもしれないと思い、次の日に再挑戦。
 そして、次の週末に空気を入れてみたところ、1時間ほどで抜けてしまいました。

 さらに次の週、ふと思いつき、チューブの内側からもふさいでみました。(なにしろ穴が大きかったもので。)
 そのうえで、余っていたチューブを切り裂き、大きめのパッチを作って、表側からも張りました。

 また一週間おいて空気を入れたところ、大丈夫そうでした。
 30分間ほど乗ったところ、空気が抜けることはなかったので、成功かなと思っていました。
 しかーし、翌日、空気が抜けていました。

 もう降参。

 もともと、この自転車は、購入に至るまでにいろいろとあったせいで、好んで乗っていたものではありませんでした。
 そこで、修理に出すくらいなら、いっそ買い換えることにしました。

 ところが、下見を兼ねて、この自転車の購入店に行って、いろいろと話を伺っているときに、思わぬことが判明。
 なんと、この自転車はオートマチックなのですが、それをマニュアルに変更できるというのです。
 しかも、手数料が5千円程度。

 えー、そんなに簡単にできるの!?

 買い換え気分もかなり高まっていたため、一応時間をおいて考えましたが、やはり新規購入ではなくて、修理とマニュアル変更でお願いすることにしました。
 いわくつきとはいえ、本来は、廃車にするにはあまりにも惜しい状態。
 それに、オートマチック以外の問題点は、特にありませんし。

 他の人はどうかわかりませんが、私には、自転車のオートマチックというのは、まったく合いませんでしたね。
 最初に乗ったときから、だめだと思いました。
 オートマチックは、決してスピードは出さず、ごくゆっくりと一定の速度で走る人に向いているのではないかと思います。

 乗りながら、ここはスピードを出して勢いをつけておくぞとか、向かい風が厳しいけれど急ぐから一所懸命こぐぞといった、乗り手の考えで走ろうとすると、とたんにオートマチックなギアチェンジが邪魔をするのです。


 結局、パンク修理、タイヤ交換、マニュアルへの変更、その他調整を合わせて、1万円以内で済みました。
 いまは、快適な走りを楽しんでいます。
 あっ、そうそう、この自転車は、いわゆるシティータイプですので、走りを楽しむといったって、目的は買い物だったりしますが。

 これが新たにつけられたギアチェンジのレバー。
cycle02.jpg
 3段階の目盛りと実際のギアが一致していないのはご愛敬。
 この写真では、一番大きいギアに入っているように見えますが、実際には真ん中です。

 チューブだけでなく、タイヤも交換して、乗り心地は抜群です。
cycle03.jpg
 実は、自分でチューブを交換することも考えたのですが、どう見積もっても半日以上はかかると思われ、そんな時間はないので断念しました。
 ママチャリの後輪のチューブ交換って、めちゃくちゃ面倒なんですもん。

 でも、自転車屋さんに持っていったら、3時間程度でできあがりの電話が来ました。
 さすがプロ。
 とはいえ、チューブ交換を含めたすべての作業がそんなに簡単に終わってしまうのか。
 一週間か、少なくとも3日間ぐらいは預かりと思ってました。

2013/06/08(土) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

イチローの移籍

 キヤノンからミラーレスのカメラが発表されたので、そのことを書こうかと思っていましたが、そんなニュースが一気に吹っ飛ぶできごとでした。

 最初に知ったときは、放出されてしまったのかと思いましたが、次第に内容が明らかになり、本人から球団に提案したとわかりました。(提案が受け入れられた理由のひとつとして、最近の成績不振はあるでしょうが。)

 本人がインタビューで語ったように、非常に難しい決断だったのでしょう。
 決して簡単ではなかった数々の記録達成や、チーム・メイトとのかかわり、ファンとの交流、シアトルでの生活、最近の成績などなど、とても簡単には説明できない葛藤があったことと察します。


 私にとってのこのニュースの核心は、イチローの行動において変わらないであろうと想像していた「マリナーズに在籍していること」、そこにも変化が訪れたという事実です。

2012/07/25(水) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

好奇心

 このブログでときどき登場するBaby Mは、いま、盛んに言葉を覚え、話しているそうです。
 相方が贈った絵本を、自分で調べ、読み方を覚えているらしい。
 ひらがなのキーボードを押すと音声を発するおもちゃがあって、同じ形のキーを探して押し、読み方を確かめているというのです。

 それって普通なんでしょうか?

 身びいきのじじ馬鹿と言われてしまうかもしれませんが、自分が同じ歳のころに、そんなことができたとは思えないのですが。

 それにしても、いま、Baby Mの言葉に対する好奇心がものすごく大きいことはたしかです。

 先日、秋元康の仕事学というテレビ番組を録画で見たときに、彼の活動エネルギーの源泉は大いなる好奇心だと話していました。
 たとえば、行列があったら、絶対に並んでしまうとか、レストランのメニューでわからないものがあると注文するとか。

 自分には、そういう好奇心がだいぶ前からなくなっているなあと、つくづく感じていたところ。

花082
 PowerShot G12

2011/06/23(木) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

電子書籍のプラットフォーム

 こういう動きは歓迎です。

ソニー、パナソニック、楽天、紀伊国屋書店が電子書籍端末・ストアを相互接続

 前にも書きましたが、電子書籍は、データの保存や互換性、端末の自由度などが課題であると、私自身は考えていて、統一規格とまではいかなくても、事実上のスタンダードが登場したと思えるまでは、傍観するつもりです。

 いまのところ、紙の本がありますし、電子書籍でないと読めなくて残念というものはありませんから。

 季節外れにならないうちに、あじさいの写真を。
 PowerShot G12で。
花084

2011/06/16(木) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  next »
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。