スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DMR-BW850のドライブ交換

 またしても、昨年の話......。

 2009年4月に購入したパナソニックのBlu-rayハードディスク・レコーダーDMR-BW850は、もちろんいまもバリバリで使っているのですが、実は昨年、ドライブがイカレまして、交換しました。

 DVDの再生は問題ないのですが、Blu-rayの読み込みが、突然、できなくなってしまったのです。
 本当に突然きますね。
 故障の前日もダビングをしたばかりで、正常に終了しましたので。

 ネットで検索してみたところ、レンズをクリーニングすると回復する可能性があるとの情報を得て、わざわざ買ってしまいました。
 純正以外の製品でクリーニングはしたことがあったのですが、純正だと効果があるような感じの情報もありました。
blurclnr01.jpg
blurclnr02.jpg
blurclnr03.jpg

 購入して早速クリーニングを実行。
 しかし、改善はしませんでした。

 だいたい、我が家ではたばこを吸う人はいませんし、埃っぽいといっても、そんなにひどいわけではないと思いつつも、すがるような思いで、クリーニングを繰り返すこと数回。
 どうあっても復活しないので、あきらめてサポートに連絡しました。

 修理にいらした方が症状を確認していたら、突然、うーんと唸りはじめました。
 なにかと思ったら、DMR-BW850のドライブは、量産効果がまだ出てくる前のものなので、修理代金が高くなるというのです。
 修理代金に少し足せば、最新のレコーダーが買えるとも。

 しかし、ハードディスクの中には保存していない映像もあるし、別のレコーダーに移すことが可能なのかどうかもわからず、調べている時間もなかったので、そのまま修理をお願いしました。(修理の方に聞いてもわからなかった。)

 それで、いかほどになったかというと、修理代金は約5万円。
 ドライブ本体、技術料、出張料込みです。
 イタカった。

 もう次に故障したら交換というわけにはいかないので、対策をとっておかなければね。
スポンサーサイト

2013/06/12(水) | モノ | トラックバック(0) | コメント(0)

Windows Phoneって......

 最近、Windows Phone 8に関するニュースを目にしました。

 そういえば、Windows Phoneってどうなっているんだろう。
 昨年の夏に富士通製の端末が出るというニュース以来です。

 というわけで、価格.comを見てみました。

 のわんと、auの1機種だけしか登録がないっ(Windows Mobileのほうは、古いのが6機種あるけれど。)
 クチコミもざっと読んだところ、Outlookとの連携が完全にはできないらしいことが判明。

 大丈夫なのか、Windows Phone!


 Outlookと連携できないWindows Phoneなんて、あえて選ぶ価値があるのかなあ、と非常に疑問。(それとも、私が少数派?)
 機種の選択肢がなく、アプリの数も少ない。(もっとも、本当に使うアプリだけあればいいんだろうけれど。)
 他のOSに対するわかりやすい優位性も、あるのかないのか。(調べてないから、わからない。)


 どっちにしろ、いま使っているSH-05Aがバリバリに現役なので買い替えませんが、いつか買い替えるときは、やはりOutlookと連携ができる機種が望ましいのです。
 特に、予定表とタスクの連携は必須です。


 Microsoftは、Outlookを本当に使ってほしいと思っているのでしょうかね。
 それとも、圧倒的なシェアにあぐらをかいているだけなのか。

 複数のPCにインストールしたOutlookの同期さえ、ツールを提供せず、簡単にはできない現状でありながら、肝心のWindows Phoneでも同期ができないとなると、たとえばGoogleカレンダーとかそういったものに取って代わられることを良しとしているとしか思えません。

 私も、会社がOutlookをメールやグループ予定表の標準にしていなければ、いい加減、縁を切りたいところです。
花093

2012/07/16(月) | モノ | トラックバック(0) | コメント(0)

電話機を修理

 10年ぐらい前に購入した電話機。(これもパナソニックだ。)
phone01.jpg

 いつからか、「7」の具合が悪くなりました。
 押してもダイヤルできないのです。
 何回か強めに押すと反応することもありますが、2回ダイヤルしたことになってしまうこともあり、非常に困っていました。

 素人考えで、埃のせいで接点不良になっているのかなと思っていました。
 それで、裏蓋を開けようとしたら、特殊なねじだったため、ずっと保留状態でした。
phone02.jpg

 先日、ようやくドライバを入手して、開けてみました。
 購入したのは、ベッセルのトルクス・ドライバーセット(TX-10)。
phone03.jpgphone04.jpg

 肝心の基盤は、なんとプラスチックの山で固定されていました。
 山の中にねじがあるのかと思いきや、ないのです。
 つまり、この山を壊すと、別の方法で基盤を固定しなければならないのです。
phone05.jpg

 買い替えも覚悟で、思い切って基盤をはずしました。
 写真左上がプラスチック山を切り崩しにかかったところで、右下がほぼ終わったところ。
phone06.jpg

 この段階で、すでに埃による接点不良ではないことが判明。
 ボタンの裏側には小さな突起があって、それが基盤のスイッチを押しているだけだからです。
 私は、電気的な接点部分が露出しているのかと思ったのですが、そうではなかったのです。
phone07.jpg
phone08.jpg

 7のスイッチを押してみた結果、スイッチそのものが故障していることがわかりました。
 こんなに簡単に壊れるものなのか……。

 本当はスイッチを交換するべきでしょうが、完全な故障でなく、押し具合によっては反応するため、応急処置でごまかすことに。
 スイッチの上にプラスチック消しゴムの破片を貼り付け、ボタン押下の圧力が伝わりやすいようにしたのです。(ボタンとスイッチの間にあるわずかな遊び(隙間)を減らしました。)
 小さな写真でわかりづらいでしょうが、右側手前から2番目のスイッチです。
phone09.jpg

 ちなみに、基盤は、ねじを使って固定することができました。

 この応急処置により、確実ではないものの、3回以内には7をダイヤルできるようになりました。

 それにしても、個体差による不運な故障だろうとは思いますが、本来なら、20年ぐらいは現役で問題なく使いたいものです。

※ 2011年8月15日追記
 いまのところ、「7」のダイヤルはいい感じです。
 ほぼ、1回押せばダイヤルされるようになりました。

2011/05/31(火) | モノ | トラックバック(0) | コメント(0)

シェーバーは一件落着

 新しいシェーバーは、結局、パナソニックのラムダッシュLV-50Rを購入しました。
 なぜか黒のほうが安いのですが、たまには違った色がいいだろうと思い、あえて赤を選びました。
LV50R01.jpg

LV50R02.jpg

LV50R03.jpg
 剃っているときの感触は、ブラウンの720s-4とそっくりです。
 どちらも、刃の高速回転とか振動が特徴になっているからかもしれません。

 動作音は、やはり720s-4に似ていて、日立のものと比べると高音で、結構響きます。
 やはり、店頭で試したときとは違いますね。

 以前の記事で、ブラウンの720s-4は振動がすごいと書きました。
 このパナソニックも、ブラウンに比べるとやや控えめに感じますが、結構伝わってきます。
 店頭で動かしてみてわかってはいたのですが、今回妥協しました。
 要するに、刃の高速回転とか振動が特徴の機種は、そういうことなのだとわかったからです。

 剃り味は、だいたい想像したとおりです。
 ほとんどの部分は、きちんと剃れます。
 いままで使っていた日立のものに比べて格段に良いというわけではありません。
 剃る時間は多少短くなったかな。(もっとも、日立は刃の交換時期がとっくに過ぎているので、比べるのは酷ですが。)

 あごの両脇の部分は、他の機種と同様、剃れませんでした。
 これは、もう最初からあきらめていたので、問題はありません。


 だんだんとヒゲが濃くなるにつれて、剃りにくい部分がはっきりしてきたため、新しい機種だったらもっと快適に剃れるのかなとか、剃り方が悪いのかなとか、小さいながらも悩んできました。
 しかし、あれこれと剃り方を工夫し、ここ2年くらいの新機種3つを使った経験から、剃れないものは剃れないとわかりました。

 あくまでも、私のヒゲの場合、ですが。

 使ったことのないメーカーも試してみたいという好奇心もあったため、買い替えましたが、日立のシェーバーを、メーカーに送ってバッテリを交換してもらい、刃を新調して使い続けるという選択肢も十分考えられたと思います。


 使い始めたばかりなので、肌も手も、慣れるのにもう少しかかるでしょう。
 慣れてきたときに、また違った感想を持つかもしれません。

 それにしても、別にロイヤルカスタマーでもないのに、パナソニックの製品が多くなったな。

2011年6月11日追記
 深剃りできているのかどうか、私のヒゲでは判断できないなあ。
 LV-50Rできちんと剃れる部分は、日立のシェーバーでも剃れていたし、他メーカーでも難しいところは、LV-50Rでも難しいから。
 髭剃りにかかる時間も、計ったわけではありませんが、いままでと同じくらいという感じです。

 シェーバーを持っていないほうの手で、剃りやすいように肌を引っ張ったり持ち上げたり、頬をふくらませたりすることも、同じように必要です。

 簡単になったのは洗浄ですね。(専用の洗浄機は付属していないモデルです。)

 外刃をつけた状態でハンドソープを垂らし、洗浄モードで動作させるのと、外刃を外して、外刃自体と内刃の周辺をゆすぐという作業になります。
 非常に簡単です。

 要するに、普通に良いという結論かな。
 もちろん、壊れない限り愛用していきますよ。

2011/05/21(土) | モノ | トラックバック(0) | コメント(0)

シェーバーのこと

 ここ何年か、シェーバーは私の関心事となっています。

 左右のあごの下側に、どうしてもそり残しができてしまいます。
 これをきれいに剃れるシェーバーがないものかと悩んでいます。

 悩んだところで、試すことはできず、買って使ってみるしかないというのが困ったところ。
 これはと思うものがあれば定価で買ってもいいぐらいの気持ちなのですが。


 現在は、2005年9月に購入した日立のもの。(バッテリーの持ちが3週間というのが決め手でした。)
 当時、10年ぶりに買ったので、どれだけ進歩しているのかとワクワクしたものです。


 昨年、我慢できず、フィリップスのシェーバー(RQ1060)を買ってしまいました。
 最初に使っていたものが円形の回転式だったので、これならばと期待したのです。

 結果は、残念ながら、満足のいくものではありませんでした。

 あくまでも私のヒゲには、という前提で感想を書くと、濃いヒゲをバリバリ剃っていく感じではなく、深ぞりはあまりできません。

 深ぞりができない分、強く押しつけてしまいがちですが、それを気をつければ、かなりソフトに剃ることはできます。
 その点では、肌の弱い人には向いているかもしれません。

 シェーバーは、使い方も肌も、馴染むのに多少は時間が必要だと思いますから、しばらく使ってみたのですが、いまのところ結果は変わりません。

 この機種のいい点は、洗浄が非常に簡単なこと。
 また、剃ったヒゲが散らないことです。
 それで、休日に、ネット・サーフィンをしながら、ゆっくりと剃るときに使っています。


 ちなみに、私の肌は、普通程度かなと、自分では思っています。
 通常の使い方では、肌がヒリヒリすることはありませんし、血がにじむようなこともありません。
 これはT字カミソリでも同じです。
 しかし、連休などに無精をして剃らないでいると、久しぶりに剃ったときにちょっとヒリヒリします。
 ヒゲは、濃いと思いますが、びっちり密集して生えてはいません。


 昨年の暮れには、ブラウンが「深ぞり保証全額返金キャンペーン」というのをやっていたので、シリーズ7 720s-4という機種を買って試してみました。
720s4_1.jpg

720s4_2.jpg
 たしかに、すごいと思いました。
 あごの先端も比較的剃りにくいところなのですが、しっかり剃れます。

 ただ、やはりあごの両脇だけはダメでした。
 ブラウンには申し訳ありませんでしたが、返却しました。

 もう一つすごかったのは、この機種の手に伝わる振動です。
 初めて使った瞬間、白蝋病という単語を久しぶりに思い出しました。

 2日目に使ったときには、多少慣れましたが、むしろ慣れたことが怖いと思いました。
 タオルなどを巻いてみましたが、あまり変わりありませんでした。

 よほど癖のあるヒゲでない限り、深ぞりは期待できる機種だと思いますが、この振動は、剃り味とはまた別の問題だと、私は思います。
 もし気になる方は、可能ならば、店頭で体験してみることをお勧めします。(振動のほうを)


 というわけで、円形の回転式でもダメで、深ぞり保証までする自信作でも剃れないのなら、あきらめるしかないという結論に至りました。
 シェーバーに関して、小さいながらも頭の片隅にずっとあった悩み事は、これで終わりとすることができました。


 それで、いまのシェーバーを当面使っていこう......と思っていたら、少し前から気になっていたバッテリがとうとうへたってしまいました。
 満充電でも、2日使っただけで、バッテリが点滅するようになってしまったのです。

 メーカーに問い合わせたら、バッテリの交換は自分ではできず、5千円ぐらいかかるということでした。
 刃もそろそろ交換する時期で、これらを合わせると、新品を買っても良いだろうと考えています。

 折しも、パナソニックから新製品が発売されます。
 期待するというよりは、使ったことのないメーカーを選ぼうという考えです。
 深ぞりについては定評もあるようですから、全然ダメということもないでしょう。


 最初、お風呂剃りができるというES-SV61がいいかなと思いましたが、冷静に考えてみると、お風呂で剃るときはT字カミソリですし、交流式が使えず、結構値段も高そうなので、却下。

 洗浄充電器は不要なので、ES-LV50が妥当だろうと考えています。
 セット替刃が8,085円もするのにはびっくり。

 日立をしばらく交流式で使って、値段が落ち着いた頃に購入しようと思います。

2011/04/03(日) | モノ | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  next »
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。