スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

剪定

 我が家の庭には、高くなりすぎた木や、枝が伸び放題の木が何本かありました。
 時間をかけて少しずつ取りかかれば、自分で剪定できなくもないのですが、下手に枯らしてしまってもいけません。
 いっそプロにお任せしようということで、とあるところに依頼しました。

 本当は、在宅時にきてもらいたかったのですが、どうしても日程が合わず、下見の際に指示をして、あとはお任せとなりました。

 仕事を終えて、帰ってきてびっくり。
 頼んでいないことまでやっており、まるで引っ越してきたばかりの庭に近い状態でした。
gdn01.jpg

 やはり、こういうことは自分が経過を確認できるときにやってもらわないといけないのですね。
 それにしてもやり過ぎ。
 頼まれていないことをして、あとから苦情が出るかもしれないとは考えなかったのでしょうか。(苦情は言ってませんけどね。

 植え替えなんて頼んでいないのに、勝手に位置を移動させ、下草はごっそりと抜いてしまったため、地面が露出したばかりか、せっかく育てた草花まで、すべて引っこ抜かれてしまいました。
gdn02.jpg

 まあ、こちらが本当にお願いしたことはやってもらえたので、そこは助かっているのですが。
 それと、桜はまだ小さく、万が一のことを考え、まだ直植えしていなかったので助かりました。

 これは見ていないので決めつけるわけにはいかないのですが、裏庭の水桶の中で飼っていた(?)カエルが、池に移動していました。
 いままで、雨が降ってもなにが起きても、水桶からは移動しなかったのに、なぜ?

 水桶の周りが片付いていたので、少なくとも触ったことは確実なのです。

 こんな余計なことを、と決めつけつつ池をのぞいてみると、メダカが一匹もいません。
 全部が揃って死んでしまうわけもなく、カエルに食べられてしまったとしか考えられません。

 カエルを責めてもしかたがありませんが、とりあえず池から追い出し、網をかぶせることにしました。
 実は、近々、新しいメダカを池に放すことが決まっていたからです。

 池には、メダカの子どもがいました。
 食べられてしまったメダカは戻りませんが、せめて、子どもたちが育ってくれればと思います。
medaka.jpg
 撮るのが難しく、真ん中のゴミみたいな白い影がメダカです。


 カエルを水桶に戻そうとしたのですが、意外に素早く飛び跳ねていってしまい、草むらにもぐってしまったため、そのままになっています。
 いま、どこにいるのやら。
 生きててくれればいいのですが。


 いろいろとショックが大きすぎて、庭づくりは、しばらくお休みです。

(追記)
 その後、桜は直植えにしました。

 前回の記事の写真から枝は伸びていません。
 どうやら、見た目は3月から5月にかけて一気に成長するようですね。

 鉢から取り出したときも、意外に根は張っていませんでした。
 また冬を越したら、来年伸びてくれるでしょう。
スポンサーサイト

2014/07/21(月) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

息吹

 桜の観察日記になってきた感もありますが......、暖かくなって、本格的に成長が始まっています。
sakura201405.jpg

 根っこはどのくらい張っているのだろうか。
 直に植えて、思う存分育ってほしいと思っているのですが、まだ少し早いかな。
 植える場所は決まったのですが、このままでは他の草花に埋もれてしまうのです。

 庭の整備を手がけ始めて、実質的には3ヶ月程度。
 とにかく片付けることを優先して作業してきたので、草木の手入れは決して丁寧ではありませんでした。
 しかし、自然の力はすごい。
 きちんと花を咲かせてくれました。
f201405_01.jpg

f201405_02.jpg

f201405_04.jpg
 最後の写真の向こう側にあるのは三つ葉。
 なぜか庭のあちこちにはびこっています。

 ミョウガの芽も顔を出してきました。
f201405_03.jpg

 片付けが一段落して、これからは、新たになにを育てていこうか、思案しているところです。


 おまけ。

frog.jpg
 昨年、秋頃に一匹いるのを見かけましたが、また見つけました。
 まさか、うちの庭に住み着いたとか?

 餌が豊富にあるのはたしかですが、湿地が常にあるわけではないし。
 そもそも、どこからやってきたのか。
 川は近くに流れているけれど、カエルにとってはすごく遠いところだし。

2014/05/06(火) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

桜、その後

 五稜郭公園で拾ってきた桜の枝が育ち始めたことを前に書きました

 あれから、猛暑が去り、秋を感じる暇もなく冷えてきたと感じていた頃、成長が止まったなと思って見ていました。
 いくらなんでも、まだ植え替えの時期ではないだろうと思いつつ、成長が止まったのが寒さのせいなのか、鉢が小さすぎるせいなのか、判断ができないでいました。

 そこで、思い切って、大きめの鉢に植え替えることにしたのです。
 すると、意外にも、ひげ根がかなり伸びていることが判明。

 しかし、植え替えても、成長している様子は、はっきりとはわかりませんでした。
 やはり、気温が下がってきたことも関係していたのでしょう。
 まもなく、葉っぱはすべて落ちてしまいました。

 いまはこんな様子。
 まさか、枯れていないよね。
sakura1401.jpg

 春になったら再び成長を始め、勢いよく伸びてほしいと願っています。
 ちなみに、EP-5で。ピント位置、ずれずれ。

2014年3月23日追記
 芽が大きくなってきました。
 今年、また成長してくれますね。
 今年はこのまま鉢植えにしておいて、来年、直植えにする感じかな。
sakura1403.jpg

2014/01/18(土) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

庭づくり

 すっかりご無沙汰の更新。
 3ヶ月も空けてしまいました。


 訳あって、一昨年の年末以来、庭の手入れをしています。
 1年の大半は週末もろくに休めないので、遅々として進みませんが、ようやく昨年末に第一段階をほぼ終えるところまできました。

 とはいえ、不用品回収業者に見積もりを依頼しているところなので、とても写真でお目にかけるような状況ではありません。
 巨大な石や石板、木材などがゴロゴロとしています。
 しかし、それまでにもどれだけゴミを排出したことか......。

 これら不要品がはけたら、4月から第二段階に入ります。
 まずは芝生を植える予定。
 そして日当たり良好の場所では、ささやかながら、家庭菜園を設けるつもりです。
 ただ、世話する時間があまりありませんので、できるだけ手間のかからないもの限定ですが。

 完全に季節外れですが、昨年収穫した柿。
 これが渋いんですわ。
 したがって、干し柿専用。
kaki.jpg

2014/01/03(金) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

五稜郭の桜

 いつもは秋から初冬の頃に、函館に行くのですが、今年は、珍しく6月に行ってきました。

 初日に行った五稜郭公園で、ベンチで休んでいると、足下に広がるクローバーに目が行きました。
 さほど背が高くなく、しかも丈夫に育っているのを見て、自宅の庭の一部に、芝生の代わりにクローバーを敷き詰めてもいいかなと思いました。(一部って、そんなに広いわけじゃないんですけどね。
goryokaku.jpg

 そして、クローバーの絨毯を見ながらぶらぶらしていると、桜の枝が落ちているのを見つけたのです。

 6月頃は仕事も忙しくなかったので、週末は、庭づくりに励んでおりました。(あまりに大がかりな作業になったため、まだ半分も終わっていないのですが。)
 自ずと、草木に関心が向いていましたので、この桜を挿し木にして育てれば、毎年、梅と桜の両方が楽しめるようになるなと考えました。

 念のために断っておきますと、枝が落ちていたので、それを拾ったのです。
 枝を折ったわけではありませんよ!
 強風のせいなのか、誰かが枝を揺らすかなにかしたからなのか、なにしろ、枝の先の先っちょが落ちていたわけです。
 たくましい根元の周辺からも、若い枝が伸びてきていましたので、子どもが駆け回っているうちに、そのような枝が折れてしまったのかもしれません。


 結局、いま、拾った3本のうち1本がしっかりと育ち始めました。
sakura_goryokaku.jpg
 さらに育ったら、大きい鉢に植え替え、最終的には庭に直に植えるつもりです。
 函館に比べて、この暑さに戸惑っているかもしれませんが、元気に成長するよう、大事に育てていきたいと思います。

2013/08/20(火) | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。